日本全国対応アンケート入力集計代行サービスモルガンデータシステム

FAX番号
アンケート入力web自動計算御見積

データ入力基礎講座

1-5 辞書の設定

日本語変換ソフトの辞書

日本語入力ソフトには変換する単語が予め登録してある『辞書』が設定されています。

例えば、『かおもじ』と入力して変換すると『(*^_^*)』などの顔文字が変換候補に表示されるのは、既に辞書に登録されているからです。

通常入力する日本語は『標準辞書』、単漢字は『単漢字辞書』、自分で単語登録した語彙は『ユーザ辞書』に登録され、その辞書の中から変換候補を呼び出しています。

かおもじの変換例

 

 

辞書を設定する

ATOKの辞書設定

 (1)言語バーのメニューアイコンをクリックし、『プロパティ(環境設定)』を選択します。

ATOKのプロパティ

 (2)タブの『辞書・学習』を選択し、必要な辞書をチェックします。

ATOKの変換辞書設定

 

IMEの辞書設定

 (1)言語バーのツールアイコンをクリックし、『プロパティ』を選択します。

IMEのプロパティ

 (2)タブの『辞書/学習』を選択し、必要な辞書をチェックします。

IMEの変換辞書設定

 

 

辞書を活用する

辞書の中には『郵便番号辞書』といった特定の用途に特化した辞書が用意されています。

日本語入力がオンの時に『630-0142』と郵便番号を入力して変換すると『奈良県生駒市北田原町』というように町名までの住所が変換候補に出るので、名簿データなどを作成する時に大変重宝します。

難しい漢字や難読地名、厄介な京都市の住所も郵便番号さえ分かれば、早く、正確に入力できるようになります。

郵便番号からの難読地名変換

郵便番号からの京都市の住所変換

 

 

辞書を追加する

たくさんの専門用語を使う場合、単語登録で対応するとなると大変な作業になってしまいます。

ATOKには医学辞書、建築・土木用語など数多くの法人向け変換用辞書が用意されています。

業種に合わせた辞書を設定し、作業の効率化を図りましょう。

辞書の追加

 

 

次は、2. データ入力の基礎

 

 

▲ページトップに戻る