日本全国対応アンケート入力集計代行サービスモルガンデータシステム

FAX番号
アンケート入力web自動計算御見積

データ入力基礎講座

1.日本語入力ソフトの話

基本を学ぶ

 

最近はネットもゲームもスマートフォン。パソコンなんて触ったこともないよ、なんて人もいるとか。

ただ大学に進学したり就職をすれば、今のところパソコン操作は必須技能です。

使わないよという人も、例えばゲームで集めたモンスターの技やポイントを管理するのに便利かも!

ということで、ちょっとだけ基本的なデータの入力やエクセルについて勉強してみましょう。

 

 

「日本で一番使用されているソフトは?…日本語入力ソフト」です。

ATOKのツールバー、Microsoftのツールバー

自然に出てきた言葉だったのですが、以前の ATOK の宣伝コピーでした。

上記のような「あ」や「A」などのアイコンを見たことがあるかと思います。

これが、日本語の入力支援を行うソフトウェアで、IMEともいいます。

 

 

Windows10で日本語入力ソフトのツールバーを表示する

Windows10以前では普通に表示されていたこのツールバー、Windows10では自分で設定しないと表示が省略されてしまいます。

文章をたくさん書く人や、文字パレットや単語登録を多用する人には見えないとちょっと不便ですよね。

そこでこのツールバーの表示の仕方をまずはご紹介。

 

(1)Windowsマークを右クリックしてコントロールパネルを開きます。

1.コントロールパネルの開き方

 

(2)コントロールパネル右上の表示方法を『カテゴリ』にし、『時計、言語、および地域』の項目から『入力方法の変更』を選択します。

2.言語の入力方法の変更

 

(3)左サイドの項目から『詳細設定』を選択します。

3.詳細設定の変更

 

(4)『入力方式の切り替え』から『使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する』をチェックします。

 

4.言語バーを設定

 

(5)『使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する』の右側のオプションをクリックして『テキストサービスと入力言語』を開き、言語バーから表示形式を設定します。

 

5.言語バーの表示形式を設定

 

下記の画像の左側:フロート表示、右側:タスクバーに固定する

左:フロート表示、右:タスクバーに固定

 

 

日本語入力ソフトを使う

通常、アプリ(ソフトウェア)を開いた直後は日本語がまだ入力できません。

キーボード上で『半角/全角』キーを押すか、マウスでクリックして日本語が入力できるように設定して、日本語入力ソフトが動き始めます。

 

 

次は、1-1日本語入力ソフトの設定

 

▲ページトップに戻る