日本全国対応アンケート入力集計代行サービスモルガンデータシステム

FAX番号
アンケート入力web自動計算御見積

データ入力基礎講座

6-4 早速重複調査!

重複マクロの使い方

(1)ツールバーのアドインから『 MORGAN 』を選択し、『データ重複調査』をクリックします。

データ重複調査を起動する

 

(2)セキュリティに関する通知が出た場合は、『マクロを有効にする』をクリックします。

 

(3)データ重複調査の画面で、『調査列』に調査対象の列番号を設定します。

『開始行』は上段に項目名がある場合に指定します。

データ重複調査の画面設定

 

(4)OKボタンをクリックすると、A列に値が挿入されます。

この作業は、「調査列」のデータが空白セルになるまで下向きに実行されます。

調査完了時の例

 

(5)A列の数値の意味は以下の通りです。

0 重複しているデータが存在しない
-1重複しているデータが下の行に存在している
重複行の番号重複しているデータが上の行に存在している

 

 

重複データを削除するコツ

名簿などの重複を削除する場合は、名前と住所や電話番号をつなげたデータで、重複調査を行うと良いでしょう。

名前+住所+電話は、& でつなげるか、関数の『 CONCATENATE 』を使います。

データが空白になっている場合は、「●」(ゲタ)などの記号をいれるようにします。入力漏れなのか、判読不明なのか判別出来ます。

重複行を削除する時のコツ

あとはオートフィルタで -1 or 0 以外のデータ を抽出して削除します。

 

 

次は、6-5 選択セル半角→全角

 

▲ページトップに戻る