日本全国対応アンケート入力集計代行サービスモルガンデータシステム

FAX番号
アンケート入力web自動計算御見積

データ入力基礎講座

5-6 入力に便利な関数

よく使う関数の一覧

Excel には集計や計算用以外に、文字の変換や比較に使う関数も多数あります。

また、関数を組み合わせることで、より複雑な処理もできるようになります。

多くの関数や、組合せを覚えるとなると大変なので、特によく使う関数を抜粋しました。

基本的な関数
ASC文字列内の全角の英数カナ文字を、半角文字に変換する。
JIS文字列内の半角の英数カナ文字を、全角文字に変換する。
CONCATENATE複数の文字列を結合して 1 つの文字列にまとめる。
TRIM余計な空白文字の除去する。
EXACT2つの文字列が等しいかどうか判別する。
IF条件に対して、指定した値を返す。
関数の応用
TEXT西暦を和暦にする
LEFT、REPLACE、IF、MID都道府県と市区町村以降を分ける

 

 

ASC関数

全角の英数カナ文字を、半角文字に変換します。対応する半角文字がない場合は変換されません。

ASC関数の使用例

 

 

 

JIS関数

半角の英数カナ文字を、全角文字に変換します。

JIS関数の使用例

 

 

 

CONCATENATE関数

2つのセルの値を結合します。詳しくは4-6文字列連結関数をご覧下さい。

CONCATENATE関数の使用例

 

 

 

TRIM関数

文字列の後ろに不要なスペースがある場合にスペースを取り除きます。

TRIM関数の使用例

 

 

 

EXACT関数

2つのセルを比較して、値が等しい場合は『TRUE』、一致しなければ『FALSE』を表示します。

EXACT関数の使用例

 

 

 

IF関数

1番目に指定した条件が、真の場合は2番目の値を、偽の場合は3番目の値を返します。

EXACT関数と似ている部分もありますが、条件と返還値を自由に設定できるので応用の幅が広い関数です。

IF関数の使用例

 

 

 

TEXT関数で西暦を和暦に変換する

日付を西暦から元号にする場合、『セルの書式設定』から『ユーザー定義』で指定します。

これを関数で処理する場合、TEXT関数で書式を設定することができます。

年数の部分を『ggge』で漢字の元号に、『ge』にするとローマ字の略元号になります。

=TEXT(参照元のセル),"ggge年mm月dd日")

=TEXT(参照元のセル),"ge/mm/dd")

※コピーして使う場合は参照元のセルの部分を変更して下さい。

西暦を和暦に変換する

 

 

 

住所から都道府県と市区町村を分ける

都道府県名のみを取得する場合、文字列の先頭から指定の字数を取得する『LEFT』関数を使います。

都道府県は、神奈川県などが4文字の他は3文字なので、4文字目が「県」でなければ3文字を取得する、というように2番目の値をIF関数で指定します。

4文字目の値を取得するにはMID関数を使います。

=LEFT(参照元のセル,IF(MID(参照元のセル,4,1)="県",4,3))

 

また、市区町村以降を取得する場合は、REPLACE関数で都道府県名を置換して消します。

=REPLACE(参照元のセル,1,IF(MID(参照元のセル,4,1)="県",4,3),"")

 

※コピーして使う場合は参照元のセルの部分を変更して下さい。

都道府県と市区町村を分ける

 

 

次は、5-7 プリントアウト校正前に

 

▲ページトップに戻る