日本全国対応アンケート入力集計代行サービスモルガンデータシステム

FAX番号
アンケート入力web自動計算御見積

データ入力基礎講座

4-2 ふりがな関数PHONETIC

Excel の関数を使う

 

Excel の関数は計算だけでなく、様々な機能を備えており、フリガナ関数もその内の1つです。

Excel で日本語を漢字に変換した時、実は変換時の値を保持しています。

入力したセルを右クリックし、『ふりがなの表示』を選ぶとルビとして表示することができます。

ただし、このルビはCSVファイルやテキストファイルで保存すると消えてしまいます。

フリガナを別のセルに表示する場合、『PHONETIC関数』を使うと簡単に表示することができます。

ふりがなの表示

フリガナをルビとして表示する

 

 

フリガナの関数を挿入する

(1)日本語入力をオフにし、セルに『=ph』と入力すると、使用する関数の候補が表示されます。

フリガナ関数を呼び出す

 

(2)候補から使いたい関数をダブルクリックし、括弧中に参照するセルを指定します。

フリガナ関数の参照を指定する

 

(3)次のセルに移動するとフリガナが表示されます。

フリガナ関数の表示

 

(4)複数行ある場合は、オートフィル機能を使用してフリガナ関数をコピーします。

フリガナ関数のコピー

 

 

関数の検索方法

関数の頭文字が分からない場合はfx ボタンをクリックし、関数の挿入フォームから検索します。

関数の挿入フォーム

 

 

フリガナを修正する

関数で呼び出される値は、漢字変換する前の値なので、入力の仕方によっては漢字が正しくともフリガナが正しく表示されない場合があります。

この場合、『ふりがなの表示』でルビを表示させ、ルビをダブルクリックすると変更できるようになります。

ルビを変更して次のセルに移動すると、関数の値も連動して変わります。

フリガナの修正

フリガナを修正した状態

 

 

平仮名(ひらがな)と片仮名(カタカナ)を切り替える

フリガナを平仮名にする場合、参照元のセルを選択し、ツールバーの『ホーム』から『ふりがなの設定』を選びます。

ふりがなの設定

 

『ふりがな』タブの『種類』を変更することで片仮名と平仮名を切り替えることができます。

ふりがなの設定フォーム

ふりがなの設定

 

 

フリガナ関数の注意点

フリガナ関数が使用できるのは入力した情報がある場合です。OCR で読み込んだデータやテキストデータをペーストした場合、フリガナは表示されません。

テキストデータからペーストした状態

 

VBAマクロや、テキストを再変換することで表示することは可能ですが、「二郎(じろう)」がニロウ、「下山(したやま)」がゲザン、「高山(たかやま)」がコウザン、「根本(ねもと)」がコンポン等、意図した通りにフリガナが付かない場合があるので、必ず確認しましょう。

漢字を再変換した時の表示

 

 

次は、4-3 IMEの郵便番号変換

▲ページトップに戻る