日本全国対応アンケート入力集計代行サービス モルガンデータシステムの特徴

FAX番号
アンケート入力web自動計算御見積
  1. トップページ
  2. 当社の特徴

当社の特徴

当社はアンケート入力に特化しています

当社は世にパソコンが出始めた頃にデータ入力やホームページ制作を始めました。その案件の中にアンケート集計が含まれていました。
データ入力も大切な作業ですが、数値を計算して分析をするとなると、よりそれに特化したソフトが必要なのではないかと考えました。

入力された調査データは大切な資料となり大きな予算を動かす元データになることも多く、調査結果は分析レポートとして活用され残されていきます。

調査原稿は、数字を入力する比率が高い割には、「その他」や「具体的な理由」等ところどころに日本語入力も必要となります。
その都度、数値入力はテンキー、次の設問が自由回答なら日本語入力ソフトが自動で立ち上がる、Tab で次の項目へ移動するのではなくEnterキーでの素早い移動など課題が思い浮かびます。

現在、当社では開発者の方にも協力を頂きアンケート入力に特化したソフトを使用しています。
また2つ以上のアプリケーションで調査の集計結果を精査し、設定ミスやソフトのバグに備えています。

 

アンケート入力他社とはここが違います

調査原票に存在する読み飛ばし、間違いを修正

アンケート入力の際に重要なことは、調査原票をそのまま入力することではありません。 ときには調査原票に存在する「読み飛ばし」「間違い」を修正していく必要があります。

健康に関する意識調査で「タバコを吸いますか?」の設問、(1)吸う (2)吸わないのどれにも回答はないが、 次の分煙の配慮について「こころがけている」と答えているとしたら、非該当とせずに回答をさかのぼり、(1)吸うとします。※細かな仕様はお客様へ事例を報告してから判断しています。

アンケート集計にはコンピュータを利用しますが、入力者が注意力をもって入力を行いコンピューターでは予測や判断できない事柄も修正しながら入力を行います。また、2度目の入力時にも同じ情報が引き継がれるように、色分けの付箋を付け仕様を記述します。これにより、調査原票よりも正確な集計を可能としています。欄外に書かれている「定性データ(自由回答)」は「その他」に入力を行うか、付箋を付けてお知らせします。

納品時の仕様書事例

「読み飛ばし」や「間違い」部分は付箋

重複回答箇所はどうしますか。入力なし、ランダム、定量データは?

選択式の設問で1つのみ回答する設問ですが、迷われたのか間違えたのか複数回答している場合があります。その場合は、「黄色の付箋」を貼っておき、お客様に出現頻度を伝え判断をして頂きます。いつものお客様であれば、お任せ頂いているので質問によりこちらで判断しています。

単数回答では、2つ入力をすることはできません。通常では、(1)どちらも入力なし(2)ランダムに選ぶ(サイコロをふる)(3)複数回答として欠損値9を入れる 等の方法があります。

付箋黄色:重複アンケートの場合

 

判読不明な部分

アンケートで自由回答が書かれている場合は、誤字脱字は修正し、記入者の意図を曲げないように入力を行っています。下記のような薬名は困りますね。「エナラプ リ ルM錠」なのか、「エナラプ ソ ル錠」なのか、医療従事者しか分からないような単語はどうしましょうか?「エナラプ●ルM」と判読不明な部分に「●=ゲタ」を入れ「緑色の付箋」を付けます。

付箋緑:判読不明アンケートの場合

しかし、今では上記のような薬名もオペレーターが入力時に医学辞書ツールを使って変換します。その後、Excelのオートフィルタや校正ツールを併用して入力データを精査します。アンケート入力が当社の仕事ですのでお客様が後で見返さなくてもいいように、なるべく分からないとそのままにせず、正確にデータ入力を行い整えて納品します。薬名や医療用語、専門用語、桁数の多い数字など入力が困難だと思われるようなアンケート入力を強みとしています。

判断して入力した部分

数値や文章でも曖昧な表現での回答があった場合、お客様に事例を相談後、付箋にて入力した内容をお知らせしています。以下のような数値回答欄は、統計処理を行うため1つの数字しか入力することは出来ません。この場合は、お客様の要望で中間値を入力しました。

付箋オレンジ:判断をして入力したアンケートの場合

その他、アンケート入力の判断事例PDF

 

欄外にコメントがある

欄外に何らかのコメントがある部分をお知らせします。

付箋青:欄外にコメントがある場合

フリーアンケートの属性年齢・性別などを細かく

アンケートはただ計算し集計すればよい、というものではありません。集計結果はより見やすい、わかりやすい表やグラフで出力されていなければなりません。 原則として調査結果は Microsoft Excel のデータを納品いたします。しかし Excel が自動的に作成する表やグラフは、決して見やすいものとは言えません。

弊社では様々なデザインを行ってきた実績を活かし、「より見やすい、わかりやすい表やグラフ」の作成をめざしています。「ひと目見てそれとわかる」調査結果を納品させていただくことをモットーに、もっと分かりやすく美しくできないものかと日々作成に取り組んでいます。

アンケート原稿事例

自由回答について

その他(    )などの括弧内に書かれる自由回答には、まれにアンケート原票の作成者ですら思いもしなかった新しい真実が潜んでいる場合があります。弊社ではこうした「自由回答」を可能な限り入力し、調査票に潜む「新たな真実」を見つけ出すお手伝いをいたします。

自由回答は、調査集計結果と共に、どのような方がどのような意見を述べられているか、属性を付加した報告書を提出致します。

自由回答の入力・集計は、そのデータ量によって費用が変わります。「簡単web自動計算アンケート御見積」 にて、概算お見積もりを計算した上、自由回答のボリュームなどをご相談ください。

※お見積もりはあくまでも概算です。調査原票、サンプルデータをメールやFAXして頂いた上で正式なお見積もりとなります。
※自由回答は1設問あたり8文字以内を目安としています。それ以上の文字数となることが予想される場合は別途ご相談ください。
※自由回答の集計は、設問内容によってできかねる場合もございます。 ※自由回答の入力のみも致します。ご相談ください。

開封作業やナンバリング作業無料

弊社へは、封筒や原稿のままお送りください。開封作業やナンバリング作業は無料で行っています。ご面倒な作業は当社にお任せください!
実際にアンケート入力業者に依頼する場合は、封筒を開封したり、アンケート原稿にナンバリングしたり、枚数を数えたりと何かと事前作業が発生し時間を取られるものです。

アンケートに関することで、手間のかかる事は全て当社が代行します。「原稿はすぐに返却してほしい」「原稿をスキャニングしてほしい」「2日で入力をしてほしい」等、どのようなこともご相談ください。

詳しい実績はこちら

入力料金について

1設問あたりの管理費 500円
単数回答 0.6円~
複数回答 1.2円~
数値回答 1.2円~
自由回答 その他等 3円~

1回入力の1パンチあたりの料金です。
SPSS用データ、秀吉用データなどソフトによってデータ納品可能。
ご利用の集計ソフトをお知らせください。
開封作業やナンバリングは管理費に含む
※作業件数が多い場合は別途必要となる場合があります。

詳しい実績はこちら

▲ページトップに戻る